結婚を意識する全ての男女に捧ぐ!婚活ナビ

>

「条件」ばかりじゃダメ。それを支えるもの、それは…

何ごとも「愛情」が基本

言わずもがな、結局のところは「愛情」です。
愛情がなければ、その結婚生活は破綻したり、仮面夫婦と化してしまう事でしょう。
愛情があれば、相手を思いやることが出来る。
許すことが出来る。
頑張って働くことが出来る。
支えることが出来る。
我慢することも出来る。
もちろん、愛がなくても成立する結婚はあると思いますが、それって悲しい事ですよね?
そもそも「結婚する意味」とは何でしょう?
生活の安定、社会的ステータス、子孫繁栄、それもあるでしょう。
しかし、人間は一人で、自分のためだけに生きるほど強くはない、と言います。
支えるもの、守らなければいけないものがある時、人は幸せを感じられる。
独断ですが、そんなような気がします!

今、相手に愛情を感じられなくとも…

今現在、婚活などで結婚相手を探している方の中には、「相手にどうしても愛情を持つことが出来ない」と思っている人も少なくないと思います。
ですがもし、「不変であろう相手の要素」に魅力を感じることがあるのならば、一度、結婚相手として考えてみてもよいのではと思います。
例えば、「性格や好みが合うけれど、好きかと言われると微妙」なんて相手がいた場合、何度か会ってみるとその印象が変わり、「結婚してみようかな」と考えが変わることもあります。
要するに、入口は「愛情」である必要はないという事です。
まずは、お互いの条件に一致した相手に会う事です。
何度か会わないとわからない事ってありますしね!
極端な言い方をすれば、結婚してみないとわからない事だって多々ありますよね。
「絶対に失敗したくない!」と全ての条件や愛情に固執しているばかりでは、失敗もないかわりに、成功もない。
一歩踏み出す勇気も、必要ではないでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ